Blog

ダイソーのカラーパネルで、ファブリックパネル作り

IMG_7864

こんにちは。

イロフル手芸研究所の山下りえです。

イベントのディスプレイ用に、ファブリックパネルとやらを作ってみました。

 

ファブリックパネルとは?

「ファブリックパネル」とはボードやパネルに好きな布を貼り、絵画などのアートのように壁にかけて飾るお洒落なインテリア雑貨のことを言います。 ファブリックボードとも呼ばれており、お部屋の広さなどに合わせて自分で簡単に手作りすることができるDIY雑貨としても注目されています。
引用元:iemo「ファブリックパネルのまとめ」

雑貨屋さんやインテリアショップで見たことがあります。

名前は知りませんでたが、なんだかシャレたボードだな~とは思ってました。

DIYに興味なし、インテリアセンスなしの私には、無縁のものだと思ってました。

しかし、イベントのディスプレイに使って目立ってやろう、作品が少ないのをごまかしてやろうとう魂胆でパネル作りをしました。

 

ダイソーグッズで手作りパネルに挑戦

パネル製作にあたりネットで検索し、色々な賢いサイトさまにお世話になりました。

布を包むにも、コルクボード、発泡スチロール、断熱材などなど、沢山あるのですね。

私は、ダイソーのカラーボード(白)を使いました。

あとは、気に入った布地と、タッカーを準備。(布はダイソーではありません。)IMG_7864

布は、少し厚みがあるものにしました。

布をひっぱりながらボードに包み留めていくため、初心者の私には薄手の布では対処できないと判断したからです。

まず、布にアイロンをかけタッカーで留めていきます。IMG_7866

いや~、タッカーってスゴイ、凄すぎますね。

恥ずかしながら、このタッカーの存在をこの度初めて知りました。

使ったのは、このダイソーのタッカーです。IMG_7868

ホチキス機能が併用されているものもあるようです。

 

最初は、タッカー買うのもったいないし次いつ使うかも分からないので、布用ボンドでいいかな~なんて思ってましたが、これは買って大正解!

しっかり生地を留めてくれます。
IMG_7867

初心者のくせにケチって布用ボンドの道を選んだら、きっとひどい目にあっていたでしょう。

角っちょを包む時は、ごわつかないよう適当に切りました。IMG_7870

おかげ様でごわつきはしませんでしたが、切らなくても大丈夫です。

むしろ切ってしまうと、後から針を外して他のことで使う時に切るんじゃなかったと後悔してしまうかもしれません。

切った後それに気がつき、2箇所は切らずに作業をすすめましたが、厚みも気になりませんでした。

角っちょ。
表側を綺麗にすることしか考えなかったのでかなり適当です。(タッカーに頼り切ってます)
IMG_7910

裏側。
切りっぱなしなので、布の端にマスキングテープを貼ろうと思います。
IMG_7909

表側。
なかなかいいではありませんか。
IMG_7871

横側。
厚みがありませんが、今回はよしとしましょう。
もう少し厚みが欲しければ、このカラーボードを2枚重ねにすればよさそうです。
IMG_7874

置いてみる。
いぃねぇ~。
IMG_7873

 

本日の研究成果

苦労したことは、このような絵柄の生地をチョイスしてしまったがために、三角形の底辺がボードに対して平行かなど真っすぐ留めることに気を使いました。

しかし、なんとかいいのが出来てよかった。

5月22日(日)に東広島市福富町で開催される「虹の架け橋in福富」でディスプレイに使います。

ぜひ、目印にお越しくださいまし。

 

そう言えば冒頭でファブリックパネルは無縁と書きましたが、我が家にあるこのボードも布地ではありませんがきっと仲間ですね。
IMG_7877

裏を見るとタッカーで木枠が留まっていました。

タッカーの存在を初めて知った者としては、妙にテンションがあがってしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

IMG_7222 (2)

マスコットキャラクター紹介
スポンサーリンク

Follow Me!

Archive

ページ上部へ戻る