Blog

スチームオーブンレンジが故障した際の修理代金と修理期間(山下家の場合)

 

IMG_6884

こんにちは、山下りえです。

なんと先日、日ごろお世話になっている、オーブンレンジが壊れてしまいました!

我が家で使っていたレンジは、 Panasonicビストロスチームオーブンレンジ NE-A301。(2007年製で、現在では生産終了。下の画像は最近のビストロ)

 

新しいレンジを買うか迷いに迷った末、修理することにしました。

ということで「スチームオーブンレンジが故障した際の修理代金と修理期間・山下家の場合)」をお届けいたします!

同じ故障で困っている人の参考になりますように~。

 

故障前の予兆「U41」にご注意を

思い起こせば、オーブンレンジが完全に故障した日よりも1、2ヶ月も前から予兆がありました。

レンジさんから「ワタシそろそろヤバそうよ」というメッセージが何度も届いていたのです。

それが「U41」のエラーメッセージ。
温めをすると「U41」の表示とともに「ピーピー」とエラー音が鳴りレンジがストップしちゃう事態が、1、2ヶ月前くらいから頻繁にありました。 


取扱説明書を見ると、「電気部品の温度が高い時に表示します」と。

原因は、

  • 食品を入れずに加熱している
  • 少量の食品(100g未満)を加熱している

などの理由がいくつか書かれていました。
そして、その表示が出た時は、「取り消しボタンを押して操作し直してください」と書かれていたのでそのようにしていました。

でも、1日に1回~2回はあるって怪しいよね~と薄々感じながらも、そのまま使い続けていました。

そして、とうとうその日がやってきました…

 

正月からオーブンレンジが故障

2016年1月4日正午

いつものようにレンジの温めスタート。

動き出したと思いきや、またあの「ピーピー」が…
いつもの表示「U41」かと思いきや、この日は「H98」ですって。

そして、その後どのボタンを押そうが、うんともすんとも言わなくなってしまいました。

ひぇ~…マジですか。

慌てて取扱説明書を確認。
「表示内容をお買い求め先にご連絡ください」とのこと。

現実を受け入れられず、まだ何とかなるだろうとネット検索してみる。

  • 表示「H98」は、自分ではもうどうにもならない
  • 部品の寿命であろう
  • 修理費(部品交換)に2~3万くらいはかかる

などなどなど。

どの情報が正しいかもいまいち分からず、放心状態。

昼間は現実逃避してましたが、夕方に購入先のエディオンに電話をしました。

直接見ていないのではっきりとはしないものの、「H98」ということでネットで調べたことと同じようなことを言われました。

 

2016年1月5日

翌日。

母の協力もあり、エディオンの店舗に直接レンジを持ち込み、出張費をケチることに成功しました。(ひとりだと持てなかった)

お店の方によると、メーカーに出さないと金額は分からないそうな。
しかし予想外の展開が…

店員さん
修理費は最低でも16000円~ですね
山下
え!?16000円!?
まじですか?2~3万するのかと…。
やった~♪

わたしの跳び上がり様を見た店員さんはすかさず、

店員さん
16000円というのは、一番安い場合の修理費ですよ。

と、強く念を押されたのでした。

店員さん
返ってくるのが少しでも早いほうがいいですよね?
もしよろしければ、修理費が16000円だった場合は電話連絡はなしで
そのまま修理に入らせていただいてもいいですか?
山下
はい、お願いします。
もしそれ以上かかりそうであれば、新しいレンジにすることも検討するので電話連絡ください。

 

最悪のケース(修理代が高額)も考え、新しいオーブンレンジを見てみることに。

どうしても、レンジなしの生活が考えられない私は、あわよくばこの日にでも持って帰りたいという気持ちでした。

修理に出したレンジは嫁に来る時に買ってもらったものなんですが、改めてよいものを持たせてくれたのだと思い知りました。

母よ、ありがとう。

よいものだとは知ってはいましたが、恥ずかしいことに全く使いこなせていません。

解凍、温め、オーブンができればそれでいい。

そう思って新しいレンジを見ていたけど、それでもやはりそれなりの金額しますな。

2万くらいだと、レンジの皿がグルグル回るやつとか。

色々見ていると、こんな機能あればいいよね、大きさはこれくらいがいいよね。
欲ばかりでてくる。

欲の結果、やはり5万円以上のオーブンレンジになる。

今のでさえ使いこなせてないのに。

ということで、ひとまずは今のレンジを修理する方向でお店からの連絡を待つことにしました。

 

2016年1月14日

エディオンにレンジを持ち込んでから10日目。

とうとうお店から連絡来ました!

店員さん
オーブンレンジが修理から戻ってきましたのでいつでも取りにいらしてくださいね。

ということは…やったー!16000円で直ったー(^0^)

その日のうちに引き取りに行き、オーブンレンジさまは無事に山下家に返ってきてくれました。

レンジなし生活から解放されたのが凄く嬉しくて、翌日は梨のパイを焼きました。(出来る主婦風ですが、こちら冷凍パイシート使用)

IMG_6877

 

今回のことで学んだこと

いかに取扱説明書の内容をいかに把握できてなかったかがよく分かりました。

ネット情報によると、例えば握り寿司1カンでワット数を高くして温めるのは部品の消耗を縮めているだけらしい。

知りませんでした。
温まるのが早くなるだろうからと、小さな食品でもワット数を高めにして短い時間にしてました。

量が少ない時などは、ワット数低め&時間長めですね。
気をつけます。

 

Panasonicビストロスチームオーブンレンジが「H98」で故障した際のまとめ<山下家の場合>

あくまで我が家のケースになりますが、参考までにまとめてみました。
同じ表示での故障だからと言いましても全く同じということはないと思うのでご注意ください。

 DSC_0185DSC_0186

  • 修理費 16,000円
  • 修理期間 10日間
  • 交換箇所 5か所 (詳しい交換箇所は、写真参照)
ちなみに修理費は、山下家の場合は店舗の長期保証期間である5年が過ぎていたため実費でした。
直接は確認できておりませんが、保証期間内であれば無料になることもあるようなので、
そのあたりは購入先にご確認くださいね。


<関連する記事>
簡単おやつの作り方本なら「炊飯器でホットケーキミックスのおやつ」が超絶オススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

IMG_7222 (2)

マスコットキャラクター紹介
スポンサーリンク

Follow Me!

Archive

ページ上部へ戻る